スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お気兼ねなく、是非コメントをお寄せください↓

わいわいデザイン 「Woman」

さて、動画をどうするか考えている間に
今回はわいわいデザインを更新いたします!
そろそろ寒さが本格的になってきて
朝と夜なんて本当に寒いですね。
私のダジャレの方がまだ温かいんじゃないかというくらいの寒さが
最近奈良を襲っています。

さて、今回のわいわいデザインは「Woman」
単純に「女性のイメージ」ですね!
Woman.jpg

形はハイヒールで、いろんなごちゃごちゃしたものは女性らしさを出してみました!
といってもわいわいの思う女性らしさですけどね!
因みに右の女性は
「ダイエットしてるけれど甘いもの食べちゃうからホントいやになっちゃう!自分が!」
みたいな感じです。
決して何かに操られて首を絞めてるわけではないのですw

色を付けていないので簡単な絵になっていますが
色を付けるとなるともうそれはすごい時間がかかるのではないかと思ったのと
このはっきりした感じもまた女性らしいなと思ったので白黒のままです!

さて、動画の話を少し
今回私が動画にしようと思っているゲームの候補は
ホラー(たぶんCalling)、ゼルダ(たぶんムジュラ)、アイワナ(未定)
の三つから選ぼうと思っています。
どれをするにしてもとてもいいゲームなので、私としては皆様のご意見でと思っていますが
それを決める生放送は12月6日の昼辺りにしようかと考えています。
か、もしくは8日の日曜日の夜ですね!
どちらにせよ、タイトルを買う時間や動画編集を考えるとまだ先になりそうですが
動画はまだこういった段階だというご報告をしておきます!
正直、実況開始がものすごく遅れるということもあり得るのですが
またその時はご報告させていただきます!

最後になりましたが
いつもここを見てくださっている皆様、ありがとうございます!
スポンサーサイト
お気兼ねなく、是非コメントをお寄せください↓

わいわいデザイン その14

さて、これにて最後のピクミンイラストとなりますね!
ゾウノアシ

今回のイラスト、テーマは「デザイン性」
普通に描いても面白くないと、ゾウノアシという名前を何とか使ったイラストにしようと描いてみました!
ところが全然面白くない感じになってしまいましたね!w
おそらく今までで一番時間がかかっていないイラストで
1時間くらいで終わりにしました。
なので象の部分とかとっても適当な感じです…。

>ピクミン画集を終えて
現在は私生活で絵をたくさん描いています。
ですが、皆様が思い描くようなかわいいイラストが今でも描けないわいわいにとって
正直この「ピクミンイラスト企画」は難しいお題でした。
当初のヘビガラスから考えると、相当自分の中で進化があったとは思いますが
それでも全然かわいらしくはかけないですね!w
しかしこのお題に沿って絵を描くことで
毛の生え方、光沢の出し方、透明な色合い、カラフルな色、ぷにぷにな素材感、ねばねばな感じ…
などなど、本当に多くの描き方を学ぶことができました!
本当ならばもっと時間をかけて描き込みたいのですが
それをある程度制限して、まず枚数を描かなければいけない!という感じに自分の中でしていたことも
とてもいい経験だったと思います!

>これからの絵について
わいわいは来年を「描く一年」にしようと思っています。
それは絵を描くという意味だけではなくって、自分の人生を彩るという意味でもです!
いろんな経験をして、いろんな努力をして
皆様の前に出しても恥ずかしくないような物を描いたり作ったり
本当にいい時期だったと思える一年にしようと思っています!
そういう予定の中で、わいわいデザインというカテゴリは
自分にとってとても重要なアクターになってくると思います。
動画にしても絵を使ったものを!と考えたりもしていますし
その努力は今までよりも必要になってくると思います!
また、いろんな出し物や公募に自分の絵を出してみようかとも考えています。

ピクミンの絵は全然時間をかけていないとしても
今のところそんな技量は、私にはやはり備わっていません。
最近、絵を描いていて
「頭と手の間なんてちょっとの距離しかないのに
ここまで頭の中にあるイメージを絵で表現できないものか!」
と、いらだったほどです。
ですがそんなことはおそらく努力で何とかなる!
問題はそのあと、どこまで自分らしさを出せるか!
そう考えるとまだまだ長く、かなりほど遠い道のりです。

ですが私は今のところ、生活の中で向上心という物をなくそうとはまだ思っていません。
向上心を持って努力するということはとても難しいことだと思います。
昔野球部で「プロになれなくても、努力していればあとあとよかったと思えるよ」と
いろんな人に聞かされた記憶があります。
しかし、もし私に子供がいて、体が弱くて小さくて
とても運動には向いていないのに野球をしていたとしたら
私はそれでも「努力すればプロになれる」というでしょう。
可能性がどうであれ、努力するモチベーション、向上心の維持はこうして生まれるものだと思いますし
バカだと笑われても、それを自分に言い聞かせて頑張る。
それが私の思う、悔いのない生き方だと思うからです!
私はプロになりたいわけではないですが、自分が満足する地点までは頑張ろうと思います。
そしてそれを達成させることができるかどうか、それが来年一年の課題にしようと思っています!

ものすごはなしがながなってしまいましたが、私のモチベーションをここに少しおすそ分けして
またいつか私が読み返したときに返してもらおうと思っています。
住んでる場所も性別も、やってることも年齢も違うかもしれない皆様だとは思いますが
このどうしようもないバカな男と一緒に頑張ってほしいと思います。




ま、まだ11月なんですけどね。

ということで今回はここまで!

※次回からのわいわいデザインは、少し動画とは離れた
 とっさの思いつきを程度の絵をご紹介しようと思っています!
お気兼ねなく、是非コメントをお寄せください↓

Wiiで遊ぶピクミン2実況プレイ 最終回

ついにこの時がやってきましたね。




~ゲームを終えて(感想)~

>最初に
このゲームを手にし、初めてプレイしてから約5か月。
本当にたくさんの物をこのゲームから頂きました。
このゲームが持つ「かわいい雰囲気の裏側にある厳しさ」が
当時プレイした多くの人に影響を与えたと思います。

「手のかかる子ほどかわいい」という言葉を耳にしたことがありますが
ピクミン達はまるでその逆で
何も求めず、反抗もせず、迷いもせず、ただ私についてきます。
目の前で仲間がやられても、自分の花が散ったって
私のもとへ走ってきます。
そんな彼らはドルフィン曰く、私のリーダーシップを頼ってついてきているのかもしれませんが
実際私は彼らに頼ってばかりでした。
そんな彼らとの旅が終わってしまうことは、ゲームという架空の世界の物であれ
とても切なく思えました。
いろいろあった過去の事や、やりきった達成感よりも
それが、私のこのゲームを終えた最初の感想です。

>中身について
プレイしている途中から思っていましたが
本当に素晴らしいゲームだった!といわせる要素として
わたしはこのゲームのキャラクターと
このゲームシステムが大きい要素だと思います。
とても豊富な敵キャラクターたち各々に個性があって
それぞれの特色や、他のキャラクターとの縄張りの関係がよくわかり
どのゲームでも現れる「どこにでも出てくる雑魚キャラ」という存在がなかった気がします。
それはやはり出てくる場所や、特徴がしっかりとキャラクターに織り込まれていたからだと感じました。
また、なついてくる仲間を犠牲にして先へ進んでいくという
少しお子様にはメンタル面でシビアなゲームシステムは
生き物の大切さや切なさ、ためらいやもどかしさなど
本当に多くの感情を抱かせる、素晴らしいシステムだったと思います。
そして私は意外とドルフィンがいい活躍をしていたと思います。
ドルフィンの癖のきいた喋り方から繰り出される宝物名や解説は
とても分かりやすく、いい雰囲気を出していました。
そして何より、このゲームは主人公がしゃべりません。
ほぼ会話がない中で、ルーイとオリマーや、ピクミンの関係性をわかりやすくしていたことは
ドルフィンの素晴らしい活躍だったと思います。

>ピクミンを通じて
ピクミンは1匹では本当に弱い生き物です。
それぞれ特徴があるにせよ、敵を倒すことも運ぶことも1匹ではできません。
しかし、みんなが協力し、多くのピクミンが集まれば
自分の何百倍とある芋虫や、ビルのようにそびえたつ蜘蛛、固い壁だって
簡単につぶすことができる。
オリマーはこれを「恐ろしい」と表現していましたが
私はこの結束力は本当に素晴らしいものだと感じました。
20歳を超え、成人と認められ、社会に出てお仕事をして…
多くの人が通る道だと思いますが、そんな道でも決してひとりで生きているわけではないのだと
再認識させてくれた気がします。

>最後に
私はこのゲームを通じて確かに多くの新しい感情や経験をもらいましたが
もらったのはそれだけではありません。
このゲームを通じて多くの人と触れ合うことができましたし
今までわいわいを知らなかったという人もたくさんおられました。
動画内でご指摘をくださる方々も、アドバイスをくださる方々も含めて
新しい出会いをくれました。
今まで私はここまで有名なゲームをプレイしていなかったのかもしれませんが
こうして新しい皆様に見てもらえたこと、出会えたことは本当にうれしかったです。
そして、ずーっと変わらないこのわいわいの喋りを見続けてくださっている
昔からの視聴者様も含めて、皆様に心より感謝しております。

本当にありがとうございます。


そしてその出会いをくれたピクミンに

ありがとう!


※次回作は12月頭に発表予定です!
次回作の話以外も含めて、ブログはなにかと更新します!
お気兼ねなく、是非コメントをお寄せください↓

Wiiで遊ぶピクミン2実況プレイ part37

さてさて、
いよいよピクミンも終了間近ですね!


※ここからネタバレ
さぁさぁ大変長らくやってきたピクミンとの冒険
ついに最後の洞窟に挑んでいるわけでありますが
今回もたくさんのBOSSが出てきます!
そのBOSSたちに、別の力が付加されていて
驚きのリアクションが非常におおいと思います!
初めてたたかったときよりは、まだましに戦えているわいわいですが
最後のBOSSまでしっかり倒すことができるのでしょうか!?

次回おそらく最終回
「ドキンちゃん、再婚」
お楽しみに!
お気兼ねなく、是非コメントをお寄せください↓

Wiiで遊ぶピクミン2実況プレイ part36

最初っからビックリさせてくれますね!



※ここからネタバレ
この洞窟は、今まで戦ってきたBOSSたちがいっぱい出て来る洞窟のようですね!
またこいつと戦うのか!?というようなBOSSがいっぱい出てきて
ビックリするばかりのわいわいですが
ピクミンが増える楽園エリアもあって、とっても楽しくプレイできています!
お気兼ねなく、是非コメントをお寄せください↓

わいわいデザイン その13

はい!今回はこのBOSSでした!
その名も「ヘラクレスオオヨロヒグモ」
何とも厳かな名前でありながら
その名前に負けていない実力!
まさにラスボス!といった感じの蜘蛛でしたね!

ヘラクレス

ニコニコ静画に挙げたのとは少し違う感じのものですが
元のファイルがなかったのでこれでご紹介します!

今回のイラストへのコメントとして「どこが手抜きなのか」といったような
本当にありがたいお褒めの言葉をいただいて、大変恐縮です。
恐縮というか申し訳ないほどですが
何ともパッとしないイラストになってしまった感が否めませんね!w
やはりわいわいは白黒で攻める方がインパクトがあるのかもしれません。

そんなことはさておき、このイラストの詳細として
左から毒、火、水、電気、という順にあらわしてみました!
ちょっと描き口を変えてそれぞれを描くことで、いろんな質感を出せるのではないかと
自分なりに試してみました!


うん、まぁそんなもんです!w

特に頑張ったところとかはないですが、今までに蜘蛛を描きすぎているので
普通に蜘蛛を描いてしまうとかぶってしまうという点に苦労しました!
構図を考えるということは本当に難しいですね!

今はいろんな絵を私生活で描いているので
BOSS絵に使う時間が結構そがれてしまっております。
しかしながら、いつかその今描いている絵達も
皆様にお見せできればなと思っています!
お気兼ねなく、是非コメントをお寄せください↓

Wiiで遊ぶピクミン2実況プレイ part35

今回で掛け声も最後になってしまいますね!



※ここからネタバレ
今回は最後の洞窟「百戦錬磨の穴」へ潜入します!
これで残す洞窟はなくなり、宝物も残すところあとわずかとなってしまいましたが
ピクミンとの旅を最後まで楽しんでいます!
いつも以上によくしゃべる今回となってしまいましたが
さみしさを紛らわしていたのかもしれませんね!
お気兼ねなく、是非コメントをお寄せください↓

Wiiで遊ぶピクミン2実況プレイ part34

今回は動画冒頭に10秒ほど、編集ミスによる何もない時間がございます。
申し訳ございません。


※ここからネタバレ
今回はBOSS戦がすべて!
このpartまでの約4part間、ずーっとピクミンをやり続けていたので
結構疲れが回ってきています。
しかしながらせっかく来たのだからとBOSS戦に挑みます!
結果は見ての通りですが
またいかなければならないと考えると…。
でもちゃんと宝物はとりますよ!
お気兼ねなく、是非コメントをお寄せください↓

Wiiで遊ぶピクミン2実況プレイ part33

さて、まだこの洞窟は続くのです!


※ここからネタバレ注意
洞窟の途中からのスタートではありますが
まだこの洞窟は終わりません。
今までは3つの動画で1つの洞窟クリアでしたが
今回は初めて4つ以上に食い込んでしまう洞窟となりました。

しかし、それでいて難しさは変わらず、やはり厳しい状態は変わりません。
何よりピクミンではなく
主人公がやられてしまいかねない状態にまで追い込まれたわいわいは
果たしてBOSSを倒すことができるのでしょうか!?
お気兼ねなく、是非コメントをお寄せください↓

Wiiで遊ぶピクミン2実況プレイ part32

今回は音量注意です!



※ここからネタバレ注意
前半はエコーがかかってしまっておりましたが
地下五階からはやっとエコーに気が付き、修正しております。

特に今回地下五階での赤ピクミンの被害は結構大きかったですね!
敵が強いものになるといつも犠牲を出してしまいます。
しかしながら今回は犠牲が出ている中でもテンションは下がりきらない感じで
何とか喋れていたのでまだよかったです!

この洞窟はとっても長いのですが
まだまだ難しさが増していくことを、この時のわいわいは知らないのです…。
お気兼ねなく、是非コメントをお寄せください↓
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
わいわいのツイッター(ABCDYY)
是非フォローしてみてね!
検索フォーム
リンク
当サイトは『リンクフリー』です (※相互リンクは要相談)

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。